求められる仕事内容と接客スキルに違いあり

全然違う?キャバクラとガールズバーの仕事内容


ナイトワークに一切携わったことがなければ、キャバクラとガールズバーの違いというのは、よくわからないかもしれません。
働いてみると、実は全然違うことがわかるはず。
それをここでは整理してみるので、働く前にチェックして、自分に合ったお仕事の方を選んでみましょう。

キャバクラで働く女の子に求められる仕事内容は、お酒を作ることと、お客様とのおしゃべりです。
ガールズバーで働く女の子に求められるお仕事は、お酒を作ることと、お客様とのおしゃべりです。

こう見ると全く同じなんですが(笑)、大事なのは女の子とお客様の位置関係
キャバクラは、同じソファに座ることができるんです。
キャバ嬢はお客様の隣に座るのが普通で、人や立場などによっては対面で座ることもありますけど、1つのテーブルを囲ってお酒を飲んだり会話を楽しんだり、というのがキャバクラ嬢のお仕事となります。

一方のガールズバーの女の子は、お客様の隣に座ることはありません。
正確には「できません」ですね。
これは法律で禁じられているんです。
女の子とお客様の間には必ずバーカウンターが存在していて、それを挟んでお酒を飲んだりトークで盛り上がったりすることになります。

同じようなお仕事でも、この位置関係が違うだけで印象も働き方も全然異なってくるんですよ

より接客スキルが求められるキャバクラ


どちらがより簡単に始められるかと聞かれれば、ガールズバーの方かもしれません。
ナイトワーク未経験者でももちろんキャバ嬢としてデビューすることもできますし、「キャバクラ嬢の方が楽しい」という女の子もいるかもしれませんけど、ガールズバーは男性との距離も遠いので、ストレスがないと感じる女の子が多いのでは?

距離だけではありません。
キャバクラ嬢には、より高い接客スキルが求められることが多いんです
なぜなら、接待などでも使われるから。

ガールズバーは、ただただ女の子と話したりお酒を楽しむだけに来るお客さんばかり。
でも、キャバクラは商談が関係していたり、クライアントをおもてなししたりするためにも利用されるので、キャバ嬢の対応や態度がとても重要になってくるんです。
これも仕事内容の違いの一つと言えるでしょう。

京都のキャバクラは、そういう形で使われることもとても多いです
特に高級店などは、よく接待の目的で使われていますね。
京都のガールズバーは、仕事帰りや家に帰りたくないような男の人が多い傾向が見られます。

こんな違いを知った後で、さてどちらで働きたいと思ったか。
それをもう一度考えながら求人のチェックをしてみてはどうでしょうか。