ノルマと営業活動に縛られないガールズバー

ガールズバーにはノルマや営業がない?


「キャバクラ嬢にはノルマがあるから大変」という話を聞いたことはありませんか?
最近ではあまり厳しいノルマを課すお店は少なくなってきましたけど、それでもまだ京都のキャバクラの中には、指名や同伴、売上などにノルマを課して、もしクリアできなければお給料から引かれたりしてしまうペナルティーのあるところもあります。
ナイトワークで働く時の、一つのネックになるのが、このノルマですよね。

もうちょっと気楽に夜のお店で働きたいと思っている女の子は、ガールズバーを選択するといいかもしれません。
ガールズバーでは、ノルマを課しているお店は珍しく、京都のガールズバーも大抵はノルマなし。
心から楽しくお酒を飲んだりおしゃべりできたりするので、ストレスも溜まりにくいはずです。

キャバ嬢にとってのストレスの元になるもう一つの厄介ごとが営業活動です。
お客様に対してメールや電話、最近ではLINEを積極的に送ってお店に来てもらう、これが営業活動。
ガールズバーでは、これも行う必要はありません。
来店してくれたお客様をいかに楽しませるか、これだけを考えればいいのでやっぱり気楽に働けそうです

売り上げを上げるための工夫とは


ノルマや営業がない、だから時給やバックの額・%などは、ガールズバーよりもキャバクラの方が高いんです。
毎月受け取るお給料も、キャバ嬢の方が基本的には上。
ガッツリと稼ぎたいのか、それとも気楽に働きたいのか、これらを天秤にかけて、どちらを選ぶのかを決めるのがいいかもしれません。

ただ、ガールズバーでも努力を惜しまなければ、その辺のキャバ嬢よりも稼ぐことができるんですよ
お店からノルマを課せられることはないですけど、自分自身でノルマを設定して、バックで稼ぎまくるガールズバー勤務の女の子もいるんです。
営業の義務も基本的にはないですけど、でも、お客様と積極的に連絡先の交換をして、プライベートの時間も使いながら営業活動を行い、それで指名をもらって稼いでいる女の子もたくさんいます。

お店から強制されるものではないけど、自分でやるのは自由。
それによって売上が上がってお給料も上がれば、これほどやりがいを感じることはないですよね。

「やれ」と言われないとやれない性格なのか。
それとも、放置された方が頑張れるのか。
自分の性格とも照らし合わせながらキャバ嬢かガールズバーの店員かを選んでみるといいかもしれません